ゆで卵のカラむき、白玉だんご丸め等
赤・青・黄の色がついた小麦粉粘土で団子をつくったりへびを作ったりします。
色紙を工夫して切り、レースを作ります。
空き缶に、釘をかなづちでトントンと打って穴をあけひもを通します。出来上がると、園庭でポックリポックリ遊んでいます。
2〜3mの布を編んで、なわとびを作ります
雑巾ぬい → できた雑巾を使って、保育室やホールの掃除をします。
袋 ぬ い → 小学校で使うコップ入れやボール入れを作ります。
5本の指を使ってマフラーを編み、寒くなると首に巻いて登園!
小さく切った和紙を、油粘土の土台に貼り付けて絵の具で色をぬり、毛糸で髪やひげをつけて完成!
自分で、包丁を握って野菜切りに挑戦します。
指先を使って物を作り上げる事は細かい指の動きを要するので、多少の困難を乗り越える忍耐力、集中力が育ちます。 このように十分に手や指先を働かせる活動や遊びを子ども達に体験させる保育を、大原幼稚園で日々取り組んでいます。